WindowsMediaエンコーダーを使ったエンコードの方法

Microsoft社の[Windows Meida エンコーダー]を使用したエンコードの方法を説明します。
Windows Meida エンコーダー下記のリンクからダウンロードして下さい。

 
1.WindowsMediaエンコーダーを起動します。

  「新しいセッション」が開きます。
「ファイルの変換」を選択して「次へ」をクリックします。


2.変換する元の動画コンテンツを参照から選択します。
選択すると自動的に「出力ファイル」欄に同じファイル名に「.wmv」を付けたものが表示されます。
ファイル名や、保存先を変える場合は「出力ファイル」の参照ボタンを押して変更して下さい。

「次へ」をクリックします。

3. 配信する形式を選択します。
「Windows Media サーバー(ストリーム配信)」を選びます。

[次へ] をクリックします。


4.エンコードの配信ビットレートを設定をします。

ビデオ、オーディオの欄は、「マルチビットレート(CBR)」を選択します。
ビットレート値には配信プランにて指定された制限内の値を選択して下さい。それぞれ設定して下さい。

  [次へ] をクリックします。                        マルチビットレートの設定方法


5.コンテンツに関する情報を入力します。(省略可能)

それぞれ入力した内容をプレーヤーに表示することが出来ます。

   [次へ] をクリックします。


6.設定内容の確認後[次へ] をクリックします。

以上の手順で、エンコードが開始します。

エンコード完了後、再生して確認して下さい。